前へ
次へ

法律的な定義の違いもある喫茶店とカフェ

喫茶店は喫茶店営業で飲食店営業はカフェと、それぞれに違いはありますがホッと一息ついて美味しいコーヒーを飲める場所にかわりはありません。
喫茶店営業になると、お酒などの提供はできないものの、茶菓のみ食べ物の提供はできます。
カフェは飲食店営業になりますので、食事もアルコール提供をしてもOKです。
どちらの営業スタイルで、そのお店が申請を出しているかにより異なります。
法律的な定義があって違いはあるものの、イメージ的にはお洒落感が強いのはカフェです。
センスの良い店内の内装にジャズなどの楽しい音楽、オープンテラス席があったり、リーズナブルな価格で本格的美味しいコーヒーが飲めるなどの印象があります。
レストランのように席で店員が来るのを待つスタイルよりも、自分で注文をしに行き席をキープして、食べ終わったらトレーを片付けるイメージもあり身近な存在です。
一方で喫茶店はマスターやプロのキッチンスタッフがいて、こだわりのコーヒーを丁寧にいれてくれる印象があります。

Page Top